そのために詳しく考えて発明してはならない」11.まだ発見されていない

利口にする。『文選宋玉<風賦>』:「清らかで重厚で、病気が治り、病弱である。耳目を発明し、体を便利にする。」呂延済注:「発、開也。言は耳目の明を開くことができる」『後漢書馬融伝』:「若乃『陽阿』の衰斐の晋制は、鼃華羽の南音を説明するので、ハンガリーの臆測を揺るがし、耳目を発明した」。『壇経縁品』:「#永嘉玄覚#は『維摩経』を見て、心を発明した」説明する証明する表明する。『史記商君列伝』:「しかも所以は嬖臣、及用、刑公子虔、魏将昂を欺き、趙良の言葉に師事せず、商君の少恩を発明するに足る」晋干宝『<捜神記>序』:「及びその著述は、神道を発明するのにも十分である」。唐玄奘『大唐西域記屈支国』:“#王#曰く、『斯何異物、何を発明しようとしているのか』対曰く、『王は昔方を遊覧し、命は事を残すことを知り、讒言禍を恐れ、勢を切るのは自明である。』」明胡応麟『少室山房筆叢史書占畢三冗篇上』:「『採薇』一歌、十分発明武は善を尽くしていない」証拠がまだ残っている。南朝梁沈約『上注制旨連珠表』:「連珠者、蓋は辞句連続、相互発明、若珠の結排也」。金王若虚『五経弁惑一』:「経伝の間には互いに発明できる者が多い。だから貴乎博を聞いた」。清戴名世『四書朱子大全序』:「朱子他書に至り、『集注』『章句』と互いに発明者であり、その精要を採り、集めてこれに次ぎ、務一その旨を帰する」。郭沫若『私の子供時代』第1編5:「当時、私たちは古書を読むのも筋が通っていた。『左氏春秋』を読みながら、『東レボ議』を読んだ。どちらの文章も比較的わかりやすく、しかも互いに発明することができた」ツリーを作成する建白。『史記張丞相列伝』:「高陵侯趙周などを丞相とする。すべて列侯継嗣、娖娖廉謹、丞相のために員を備えるだけで、功名を発明することができないのは現世に著ている者がいる」唐張九齢『謝中書侍郎状』:「臣誤跡書府、兼司綸翰、思力浅近、発明品なし」『新五代史雑伝十七馬胤孫』:「崔協は明宗相であり、在位に発明はない」。宋範仲溺『上攻守二策状』:「臣荷国は再び寄託し、かつて寸労がなく、宿夜営営し、冀は少し補ったが、才識は迂遠で、ついに発明がなかった」。詳しく述べる説明する。『史記孟子荀卿列伝』:「[慎至ら]は黄老道徳の術を学び、発明序によってその意味を指す」。『後漢書徐防伝』:「臣は『詩』『書』『礼』『楽』を聞いて、孔子から決めた、章句を発明して、子夏に始まる」。宋蘇轍『欧陽文忠公神道碑』:「公は六経長『易』『詩』『春秋』にあり、その発明は多くの古人に見られなかった」。明文は『明故嘉議大夫都察院右副都御史毛公行状』を特徴としている:「時挙子学『易』は多事剽窃して、合わせて司があることを求めて、経義初に発明がなかった」。郭沫若らの『<管子集校>引用校釈書目要約』:「劉師培『管子斠補』」多列類書は引用文字の異同を特徴とし、ほとんど発明されていない。なお表現する。『史記儒林列伝』:「寛大な人は温良で、廉智があり、自分で持っているが、よく本を書いて演奏し、文に敏感で、口は発明できない」。伝わる明らかにする。北斉顔之推『顔氏家訓文章』:「仁義をごまかし、功徳を発明し、牧民を建国し、多途を施用する」。

[本地新闻]

唐張九齢『なぜ事に亡父所に入ったのか』:「臣亡父所が君臣を論じる際、必ず験したいことは、真に空文に垂れているのではなく、誠に上意を感じ、代がなくて匡輔し、秘府を隠し、聖君が発明したため」宋曽鞏の『贈職方員外郎蘇君墓誌』:「古の人もすべて自分で見ることができて死んで後者に伝わる必要はなく、世の中には発明者の耳がある」。清恽敬『与李愛堂』:「神道碑廟碑は、広く博であることを尊び、称賛することができ、墓表は必ず事実を発明するので、墓表の善は最も難しい」。わかりますに通じている。唐張九齢『賀御注金剛経状』:「臣は愚昧であるが、本は知ることが難しく、叡の旨を伏看し、すなわち発明した。日月が出て、天下が照らされていることを知って、誠はここにある」。明方孝孺の『答兪子厳書』:「人は六経を発明することができ、天下国家に大きく、善一己に小さく、耳にやさしい」。清李漁『閑情偶寄植牡丹』:「この論を得て、更に発明した」。披露する暴露する。唐白居易の『昭義軍将士と詔』:「#盧従史#乃外示恭順、内懐奸邪、刻削軍中、境内を浪費する。朕は君臣の道で発明を忍びず、これに容を含む。」『旧唐書憲宗紀上』:「李錡は列宗枝に属し、居方伯に任じ……僚佐は献規で屠殺され、王臣は伝命で脇を見た。朕は含垢に切望し、発明に忍びず、累で中人に降下し、命令は前の命令に従う」『新唐書崔衍伝』:「虢居陝華間、賦数倍入、衍白重。鞖延齢領度支、方聚収、私称衍:『前刺史に発明なし、公当止。』衍聴かず、復奏……徳宗公その言は、詔度のために減賦を支する」10.明らかにし、知らせる。唐李公佐の『謝小娥伝』:「初め、父の死も、小娥夢父は『我を殺す者、車中猿、門東草』と述懐した。また数日、その夫に復夢して述懐して曰わく、『我を殺す者、禾中走、一日夫。』小娥は自ら悟らず……余備は前事を詳らかにし、隠義を発明し、暗と冥会、人心に符合する」清袁枚『随園随筆韓仲良碑』:「韓瑗の父仲良の碑、『唐書』には伝がない……許敬宗らは罪を犯して爵籍家を削り、子孫が逃げ惑った。だから碑もその名前を削った。そのために詳しく考えて発明してはならない」11.まだ発見されていない。他人が知らないものや法則を見たり見つけたりする。『三国志魏志和撞伝』「同郡許混者、許劭子也」鞖松之注は晋周斐『汝南先賢伝』を引用した:「劭始発明樊子昭于鬻帻之肆、出虞永賢于牧縦、召李叔才郷闾の間、郭子瑜鞍馬の吏を捕らえ、楊孝祖を助け、挙和陽士を挙げた。」『旧唐書姚璹伝』:「則天はまた洛州知事史宋元爽、御史中丞霍献可などを重点的に覆い、発明もなかった」。孫中山の『建国方略その2第一計画』:「しかし人口が多いところから、人口が少ないところまで築かれた鉄道は、その利が特に大きい。これは鉄道経済上の原則であり、鉄道家資本家は発明者を味わっていない」。魯迅『書簡集増田渉へ』:「現金はできるだけ自分の手に握らなければならない。

そのために詳しく考えて発明してはならない」11.まだ発見されていない 热门话题


1f

发表评论

Copyright 2002-2022 by 直播教学平台(琼ICP备2022001899号-3).All Rights Reserved.