「大相違庭」は比喩に重点を置き、かなり違い、文脈に合わず、B項を排除する

C。これは実語と成語を総合的に考察する論理穴埋め問題である。「水が源から流れ落ちる」、「水が低いところに流れる特性」から、C項は「流動性」を選択すべきであることがわかる。第二空の文脈を分析すると、「上流地域の汚水は処理せずに直流下流に流す」ということで、下流がいくら努力しても対処するのは難しい。「最善を尽くす」は文意にかなっている。「繰り返し利用」は最初の空には対応していないことに注意してください。第一空私たちは「水汚染防止の難しさ」のために原因を探すべきで、後文は水の流動性のために、上流から下流に流れることができて、やっと問題が現れました。したがって、Cを選択します。A項とは、エネルギーを使い果たし、心を使い果たすこと。B項一投千金指はお金を平気で使って、大金を使っている。C項廃寝人差し指を忘れて寝ることができず、食事を忘れてしまった。一心不乱に努力すること。したがって、C項を選択します。5.唐社会の様々な人物は唐の文人の筆の下で________、活き活きとして、世界の名著の中には有名な四大けちん坊のイメージがあります。つまり、アバゴン、ヒギン、シャーロック、葛朗台、唐の文人が書いたけちと貪欲な人も____。これらの社会の各階層に生活している人々は、唐代の文人によって描かれています。読んでいるうちに思わずにっこりしてしまう。スクライブ部分を順に記入するのに最適な項目の1つは。A.真に迫っていて互角に絵に描いているB.躍然とした紙の上では大きく違っていて気持ちがいいC.生き生きとしていて見劣りしない入木三分D.人を引きつけて勝つスタイルはそれぞれ異なっていて生き生きとしているC。第一空は「生き生きとしている」ことから、唐の文人が描いた人物の生き生きとしたイメージがわかる。「人を引き付ける」は風景や文芸作品の魅力に重点を置いており、「生き生きとしたイメージ」の意味を表しておらず、D項を排除している。「真に迫っている」「紙の上に躍り出る」「生き生きとしている」にはいずれも「生き生きとしている」という意味があり、文脈に合っている。第二の空「也」によると、唐の文人が描いたけちで貪欲な人のイメージは世界の名著と同じだ。「大相違庭」は比喩に重点を置き、かなり違い、文脈に合わず、B項を排除する。「互角」「少しも見劣りしない」には「同じ」という意味があり、文脈に合っている。第三の空は「刻み」と組み合わせる。「音を描いて色を描く」はリアルに記述することに重点を置いており、「描画する」ことはできず、一般的に「描画」と組み合わせて、A項を除外する。「入木三分」は分析の深さに重点を置き、「描写」と組み合わせることが多い。だから本題の正解はCを選ぶ。華図金融

「大相違庭」は比喩に重点を置き、かなり違い、文脈に合わず、B項を排除する 热门话题


发表评论

Copyright 2002-2022 by 直播教学平台(琼ICP备2022001899号-3).All Rights Reserved.